ウンブリア州で販売されている城

25 番号
イタリア・ウンブリア州のアペニン山脈中心部、栗と樫の森と芝地に覆われた丘に建つ古城は、12世紀の要塞を起源とし、今日に於いても中世時代の騎士を物語る魅力に包まれています。
現在販売されているこの古城の建設は、中世時代の初期に始まりましたが、城の建築構造は三つの特徴を持っており、それぞれがこの歴史的住宅が建設された三つ異なる時代を代表するものとなっています。最初は12世紀、そして、15世紀から16世紀の間、最後は19世紀のゴシックの時代です。

魅惑的なアンティークな住居は、近年に重要な修復改装がなされており、元の構造を損なうことなく、オリジナルの歴史的・芸術的にも価値ある建築特徴を維持しています。周辺の素晴らしい自然の景観に溶け込み、その美しさは一層に高まっています。
まさにこれらの理由によって、イタリア・ウンブリアのこの魅力溢れる城は、州の芸術・歴史・建築遺産監督部門によって保護されています。

販売中の古城の城壁を囲む、テヴェレ渓谷との境界にある8,500平米の庭には、トキワ樫やオークなどの大木や、彫像、小道、鉄と鋳鉄のベンチなどで彩られています。
段々になったガーデンテラスは、城壁の前まで続きます。ここには周りに四季をモチーフにした大理石の彫像が飾られた優美なプールが位置しています。
プール周辺のエリアには、カラーセラピーとアロマセラピーの設備が備わった大規模なハイドロスパがあります。リラックスエリアにはムラーノガラスのシャンデリアに照らされたガゼボ、高級素材で仕上げられたサロン、18~19世紀のアンティークの壺、パラソル、ハンモックなどが設置されています。

一流不動産物件は、むき出しのアンティーク石材やレンガで造られ、 2,000平米以上の広さを有しています。館内は、古い鎧を始め、伝統的なペルージャの中世の城内を再現するために慎重に選ばれたインテリアで装飾されており、過去の時代に引き込まれるかのような幻想的な雰囲気を醸し出しています。
広大なホールや歴史的な各部屋は、装飾天井や交差ヴォールト、異なる時代のヴェネツィアングラスのシャンデリア、デルータのマヨリカ焼きなどで飾られ、最新の設備が整った寝室と一緒になって、比類のない素晴らしい独自の空間を作り出しています。
詳細 州:ウンブリア
県:ペルージャ
地域:ペルージャ

分類:古城販売-ペルージャの歴史的住居

内部面積:2,000平米
外部面積:8,500平米

7スイート(バスルーム付き)
7ダブルルーム(バスルーム付き)
シングルルーム(バスルーム付き)
4名用アパート
18バスルーム
3キッチン
その他

プライベートチャペル
プール
ハイドロスパ

所有地 8,500平米

ウンブリア州-ペルージャ:ペルージャ市内29km-アッシジ32km-トラジメーノ湖37km-スポレート48km-ボルセーナ湖72km-ゴルフ場13km-温泉施設19km-ペルージャ空港17km-高速道路(ヴァルディキアーナ)75km

Rif番号: 0366
価格帯: 詳細はお問い合わせ下さい

販売中の住宅と別荘

一流不動産
ヴィラ売ります

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

ウンブリア州-ペルージャ

不規則で険しい丘の上からテヴェレ渓谷を臨むぺルージャの街。この特別な土地の形状がバリエーションに富んだ都市を作り出しており、ローマまでも僅か1時間で到着することが出来ます。豊かな芸術と文化遺産や自然環境はペルージャを古くは黎明期から独自の重要な都市にしています。すでに先史時代には居住区となっており、初めはウンブリア人の集落、続いてはエトルリア人のものとなり、そして、テヴェレ渓谷高地の中で最も重要な中心地区となっています。
ローマに征服されたペルージャは、アントニウスとアウグストゥスの内戦に深く巻き込まれます。戦いに勝利したアウグストゥスによって再建されたペルージャは “アウグスタ”の名を与えられています。ローマ帝国崩壊後の547年にトーティラによって破壊され、その後は、教皇国と同盟し強硬な独立都市となる11世紀にまでビザンチンの領土となります。14世紀には貴族派(ベッケリーニ)と教皇国からの独立を望む民衆派(ラスパンティ)の間で激しい戦いが起こります。この戦いは1370年にボローニャの和平によって終了しますが、ペルージャは教皇勢力を認めざるを得なくなります。
以降も権力を巡るさまざまな争いが 起こり、ミケロッティ引き入る民衆派政府は、フォルテブラッチョを筆頭とする貴族派に取って変わられ、権力を持つ貴族家は陰謀や虐殺を企て、政治的にも道徳的にも深い衰退を引き起こします。
1540年、ペルージャは直接の教皇領制御下に置かれ、パウロ3世の命によって建設されたパオリーナ城塞は教皇権力の象徴となっています。教皇国の支配は、フランスの占領とローマ共和国の短い間の征服期間を除いて、イタリア王国の誕生まで継続します。
今日のペルージャは、モダンなコスモポリタンとして、文化的イベントや外国人大学で世界的に知られています。その歴史的伝統と過去の美しい建物を誇り、街の隅々までに感じられる過去と現在の融合が他にはない雰囲気を作っています。