マレンマで販売中の伝統的な農家

18 番号
シエナとグロッセートの境界でイタリアのマレンマ地区でも最も美しい地域の一つ、ボガット保護区の前のバッソ メルセ自然保護区の中にある、1750年に起源を遡る歴史的な石造りの農家が販売されています。
販売中のこのトスカーナのファームハウスを含む物件は、70ヘクタールの土地に包まれています。歴史あるオークの木々に囲まれた、ファルマ川とオンブローネ川の境界近くで、その向こうにはモンタルチーノの丘陵がそびえています。
土地は様々な作物の生産用に分割されており、4ヘクタールは葡萄畑、24ヘクタールは播種用地、4.5ヘクタールはオリーブ畑、34ヘクタールは森林となっています。

販売中のアンティークな農家は典型的なマレンマの田舎のヴィラのスタイルを有しており、広さ700平米で、館内は高級素材で仕上げられています。
歴史的住居である一軒屋では、改修によって古い伝統に床暖房などの先進的なシステムが統合されています。
グロッセートで販売されているヴィラは、心地良い空間に近代的な快適さとアンティークなインテリアが溶け込んでいます。
このファームハウスはニ階建てで、一階の共有スペースには、ダイニングゾーン、レクリエーションエリアがあり、ここからはアパートメントとバスルーム付きの寝室にアクセスすることが出来ます。
ニ階にはバスルーム付きの二つの寝室があり、快適な空間は周囲の美しいパノラマの景観が楽しめる二つのテラスで価値を高めています。二部屋とも、アンティークなキッチンに面しています。
二つの寝室に隣接するのは二つのアパートメントで、バスルーム付きの寝室、暖炉が備わったキッチン-ダイニングがあり、こちらもアンティーク家具で装飾されています。

近くには120平米の農作業用器機倉庫と、60平米のボイラー室があり、この部屋の一部はランドリーまたは倉庫として使用可能です。また、バーベキュー用エリアや、リラックスした心地良い時を過ごすことの出来るニつのプールも設置されています。
詳細 州:トスカーナ
県:グロッセート
地域:グロッセート

分類:トスカーナで販売中の農家-歴史的住宅

内部面積:880平米
外部面積:70ヘクタール
 
2つのアパートメント
寝室
バスルーム
キッチン
サロン
 
1つのアパートメント
2寝室
バスルーム
キッチン
サロン
 
3寝室 バスルーム付き
 
その他、5つの付属スペース
 
2つのプール

オリーブ畑 
葡萄畑 
森林
所有地:70ヘクタール

トスカーナ州-グロッセート:グロッセート市内3km-シエナ30km-ペトリオーロ温泉4km-マレンメッロ ゴルフクラブ29km-モンタルチーノ31km-ペルージャ136km-アレッツォ117km-カスティリオン デッラ ペスカイア47km-フィレンツェ空港119km-高速道路(フィレンツェ チェルトーザ)91km

Rif番号: 0186
価格帯: € 1.980.000

高級住宅

ファームハウス販売
最高級不動産販売

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-グロッセート

チヴィテッラ パガニコはグロッセートとシエナの県境に位置し、緑の丘陵やオンブローネ川の渓谷といった特別に美しい田園の自然風景を持つ場所です。
トスカーナ州のチヴィテッラ パガニコの町は、サン ロレンツォ修道院などの多くの観光スポットを提供しています。住宅地の最も高い部分に位置する教会はロマネスク様式であり、現在は市庁舎とサン ミケーレ教区教会となっています。1300年に建てられた宗教的建築物は、鐘楼と、数多くの絵画やフレスコ画が残されており、特に注目したいのは、サン クリストフォロを描いたフレスコ画と聖母子と聖人をモチーフにした絵画です。
建築物も間違いなく魅力的であり、近郊には、中世を起源とするカセノヴォリ城や、アルデンゲスキ家が所有していた11世紀のモンテ アンティコ城の他、重要な存在はサン ロレンツォ アル レンツォ修道院で、元々は城でしたが、後に修道院となっています。教会は何世紀にも渡って改装されていますが、現在でも純粋なロマネスク様式のファサードは残されています。
この最高級不動産物件が位置するトスカーナ州の地の歴史についてですが、既に先史時代には居住地となっており、後にエトルリア人とローマ人が集落を築きます。何世紀もの間に領土は湿地となりますが、それでもロンゴバルドの重要な領地であり、アルデンゲスキ家に渡り、シエナ、続いてフィレンツェのものとなります。
しかし、自治体としてのチヴィテッラ パガニコの誕生は1926年になってからで、パーリ、カザル ディ パーリ、チヴィテッラ マリッティマが合併して新しい町・チヴィテッラ パガニコとなっています。