ピサで販売中の最高級ヴィラ

19 番号
イタリアのピサの丘の上で豊かな森に囲まれた、重要なワイン生産農場が販売されています。チェチナ川の渓谷の素晴らしい景色を見渡し、海からも近くに位置しています。
ワイン生産農場は8ヘクタールの所有地を持ち、うち4ヘクタールはモンテスクダイオDOCワイン用の葡萄畑、残り4ヘクタールはオリーブ畑と森で占められており、最高級住宅と葡萄畑ともよく溶け込んでいます。

イタリア・トスカーナ州で販売中の物件を構成している建物は、丘陵の頂上部の180平米の最高級ヴィラ、農場の平地にある160平米のワイナリー、135平米の保管庫、そして、42平米の木のバンガローです。
ピサで販売されているヴィラは素朴な田舎スタイルであり、テラコッタの床や木の窓枠など、典型的なトスカーナの建築特徴を備えています。建物は一階建てですが、館内で分割されており、典型的なトスカーナスタイルの高級家具で装飾されています。広々としたサロン兼ダイニングルーム、二つの寝室、三つのバスルーム、書斎、キッチンで構成されています。
ヴィラの前には、屋根付きの30平米の小屋があり作業用機器収納庫と駐車場して使用されています。

ワイナリーのセラーは一階建ての建物で、一部は地上、一部は半地下に位置しています。あとの二つの建物はアグリツーリズム用に利用することも可能な、保管庫とバンガローです。バンガローは小さな木造構造であり、土台は組積造です。館内には二つの寝室、ダイニングルーム、キッチン、バスルームがあり、葡萄畑に面しています。保管庫はかつてのジャム工場から造られた組積造の建物で、改装によって三つのアパートの建設も可能です。
物件には、プールの構築も準備されています。
詳細 州:トスカーナ
県:ピサ
地域:ピサ

分類:最高級住宅-トスカーナ州で販売中の農場

内部面積:550平米
外部面積:8ヘクタール
 
ヴィラ:180平米
2 寝室
3バスルーム
サロン
ダイニング
キッチン
 
バンガロー:42平米
2 寝室
バスルーム
ダイニング
キッチン
 
その他、3つの付属スペース
 
ワイナリーのセラー:160平米
保管庫:135平米
屋根付きの小屋:30平米

葡萄畑(モンテスクダイオDOCワイン用):4ヘクタール
森林とオリーブ畑:4ヘクタール
所有地トータル:8ヘクタール
 
トスカーナ州-ピサ:ピサ市内56km-チェチナ10㎞-カスティリオンチェッロ20km-ヴォルテッラ27km-リヴォルノ39km-サン ジミニャーノ56km-ティッレニア ゴルフクラブ38km-ボルゴ ラ バニャイア リゾート&スパ48km-ピサ空港57km-高速道路(ロゼニャーノ マリッティモ)15km

Rif番号: 2228
価格帯: 2.5ミリオンユーロまで

ワイナリー

トスカーナ州のファームハウス
最高級不動産

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-ピサ

トスカーナ - ピサ:モンテスクダイオの地名はラテン語の"Mons"(山)と盾の生産者という意味の“Scutarius”に由来しています。このトスカーナの村が始めて文書に記述されたのは1091年のことで、ゲラルド デッラ ゲラルデスカ伯爵所有のサンタンドレアと名付けられていた教会が、同じ伯爵が建設した修道院で暮らしていたベネディクト修道会に寄与された際の公証証書上です。
ピサの自治区に居住しているにもかかわらず、ゲラルデスカ伯爵は長い間、村と修道院上に管轄権を行使していました。ピサ共和国への反逆に躊躇はなく、1345年にはルキーノ ヴィスコンティによって送られたミラノ公国軍と同盟を結びます。
15世紀の初めに、ゲラルデスカ伯爵家はフィレンツェ共和国に支配権を渡し、モンテスクダイオの村はフィレンツェの管轄下に置かれます。同世紀の終わりには、伯爵家の裏切りで被害を受けたフィレンツェ共和国は、モンテスクダイオを含む彼らの財産を押収し、それらは完全にフィレンツェのものとなります。
メディチ家の支配下にあった1479年、モンテスクダイオは独立自治体に昇格します。
1648年には大公フェルディナンド2世はモンテスクダイオの領地権を侯爵の称号とともに貴族のリドルフィ家に与え、彼らは18世紀初めまで村を統治します。
リドルフィ家の支配の時期、販売中のファームハウスが建つこのトスカーナの集落では、過剰な実力の行使で領土の資産を独占していた侯爵家にモンテスクダイオの住民が対立します。
1727年、リドルフィ家の最後の直系子孫の死で、モンテスクダイオはフィレンツェ大公国へと戻りますが、1735年には大公ジャンガストーネ デ メディチはコジモ イニャツィオ リドルフィに再び領地権を返還します。この授与は1738年にロレーヌ公のフランチェスコ2世によって認証され、1778年までリドルフィ家が再び村を管轄します。
19世紀初めには、このトスカーナ州のモンテスクダイオの村の地域はナポレオンの軍隊に侵略され、1814年まで駐留されています。
1815年には再びトスカーナ大公国の手に戻り、サヴォイ王・ヴィットリオ エマヌエレ2世による1860年のイタリア統一までは、トスカーナ大公国の一部となっていました。