最新の記事

全てのニュースを表示する

ヴィラと息を呑む風景の間のカプリの伝説

贅沢...それは、カプリのヴィラの魅惑

11 1月 2018

カプリは、イタリア南部のナポリ湾にある魅惑的な島の一つであり、ソレント半島の正面に位置し、約400へクタールの面積を有しています。古くはローマ時代から、この島の景色の絶大な美しさとパラダイスとも言える雰囲気は、皇帝たちの住居となり、後に文化人、重要な政治家たち、芸術家が暮らした壮大な最高級ヴィラが建ち並ぶのに一役買っています。彼らはカプリに籠り、その純朴さと平和を堪能して来ました。カプリはイタリア半島でも最も絵になる景観を持つ場所というだけでなく、その美しさは毎年世界中からの多くの訪問客を惹きつけています。その根を何世紀も昔の歴史に持つ、まさに本物の伝説は、祖先たちがオデュッセウスと魔女セイレーンの伝説を島と結び付け、それはホメーロスによって語られています。島で私たちを迎えてくれるのは活気あるマリーナ グランデ港とその小広場です。ここは、雄大なサン ジャコモ修道院とトラガーラの展望、島のシンボルとして知られる素晴らしいファラリオーニ岩島群、そして、透き通った海に沈む壮観な岩礁を臨む、まさしく社交界のサロンです。忘れてはならないのが、クルップ通りの散策、アウグスト公園への訪問、そして、魅惑的な青の洞窟です。カプリのパラダイス的な空間が太陽の下できらめき、夜には月の光の下で同じ美しさを再体験出来ます。深い海が魅力的な洞窟の多い荒々しいリアス式海岸に溶け込み、満ち潮と引き潮が交互に、ローマ時代の古代の遺跡を時には水面下に沈め、時には露わにします。最初はギリシャ人に、そして、この島に魅せられ、イスキア島との交換で島を手にした皇帝アウグストゥスの植民地となり、また、次代の皇帝・ティベリウスにも愛されるこの地。彼はここに実に12もの見事な最高級ヴィラを建て、それぞれがオリンピアの12の神々に捧げられています。その中で、今日も夢の住居として残っているのはユーピテルに捧げたものです。1800年代半ばには、ヨーロッパの裕福な貴族の若い子息たちのグランドツアーの訪問地として欠かせない場所となり、高名な芸術家たちがその豊かな自然、穏やかな気候、ロマンティックな光が玉虫色に広がる洞窟を描写しています。1900年代初めにはカプリはずば抜けた都市発展を繰り広げ、最初の格式高い観光宿泊施設やホテルだけでなく、新たに夢の住宅が建設され、世界レベルのブルジョア階級のヴィラが立ち並ぶことなります。その歴史、自然美、社交、贅沢と文化の結合は、カプリの伝説に活気を与え、この地を間違いなくイタリアでも最も愛される島の一つとし、ヨーロッパレベルでも幾つもの承認を受けています。典型的なこの島の無垢な建築物、しなやかでエレガントなラインを持つ贅沢なヴィラを背景に手付かずの自然風景を賞美しながら、ファラリオーニ岩島群周辺をヨットやボートで巡ることを夢見ない人がいるでしょうか。今日のカプリは、50年代からは特別な秀でた観光地、活気ある社交界の中心地であり、この地を訪れる人々に真に心地良く家族的な賑わいを与え、平穏な通りでは、数々の贅沢な有名ブランドショップや息を呑むパノラマを賞美しながらの散策が楽しめます。

最近の項目

22 5月 2018

ローマの贅沢な屋根テラス付き住宅から賞美する永遠の都

...


19 5月 2018

コモ湖の比類ない魅力

...


19 5月 2018

フィレンツェの贅沢、歴史と建築の間の旅

輝かしいフィレンツェの夢の住宅




お問い合わせ

リクエストを送信してから、24時間以内にご連絡させていただきます。

イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します