魅惑的なルッカ地区の夢のヴィラ | ライオナルド 

魅惑的なルッカ地区の夢のヴィラ

ロマンティックなルッカのヴィラに魅了されてみませんか

16 7月 2015
ルッカで販売中のヴィラ ルッカの町とその素晴らしい周辺地域は、間違いなくトスカーナ州でも最もよく知られ賞賛されている地区の一つです。ローマ時代からフランスに支配されていた時期を経て現代へと、この場所の格式の高さは論議の余地ないままに残り、それがこの地をイタリア半島に華を添える場所にしています。素晴らしいルッカの田園では、まさしく真の夢のヴィラで豊かに高められた特徴的な風景を賞美することが出来ます。魅力と教養に溢れ歴史豊かなルッカが、ますます頻繁に観光地としてだけでなく、たくさんの観光客、外国人とイタリア人から居住地やバカンス用住居に選ばれているのは偶然ではありません。彼らはここを訪れた後、その美しさに心を動かされずにはいられず、この地で販売されている壮大な最高級ヴィラを購入しています。おそらくリグリア人が起源であり、その後、エトルリア人が人口と経済の発展など最初の意味ある貢献をし、1世紀から2世紀のローマ人の時代には、街は大きな豊かさの元にありました。この時期の遺跡では最初の城壁やアンフィテアトロが残されています。18世紀には絹織物の貿易と商業や金融業のおかげで繁栄し大きくなったルッカは、何世紀も政治家、知識人や文化人が暮らす代表的な場所となっています。実際、ここでは著名な音楽家・ジャコモ プッチーニの作品が生まれただけでなく、また、ドゥニ・ディドロとジャン・ル・ロン・ダランベールがイタリアで最初の百科全書を完結させた重要なアカデミーもあります。1805年には、ナポレオンの愛する妹エリザ バチオッキに支配された公国となり、ルッカはこの時期大きな改革と、重要な都市と建築構造の変革を迎え、壮大な街のシンボルといえる、実に4kmにも渡る城壁、典型的な“街であり国であった”旧市街、ルネッサンス期の宮殿や中世の住居が残る特徴的な小道や広場など、現在賞美できる街に近いものとなっています。“100の教会の街”とも呼ばれるルッカには、数多くの礼拝用の建物があり、それぞれの敷地内と、貴族たちの住居に至っては全てにプライベートチャペルが備わっています。16世紀に創設されたこの街の大聖堂は、その内部にあるニコロ ピサーノ、ヤコポ デッラ クアルチャやティントレットの作品を誇っています。中世の建物が並び旧市街を渡る、街の中心的な通り・フィッルンゴ通りは、特徴的な職人工房と贅沢なブティックの間で、街の昔と現代とを垣間見ざるをえない場所です。ナポレオーネ通りは、エリザ バチオッキが許可した建築工事のおかげで、エレガントなパリ風の広場を思わせ、その魅惑的な背景からルッカの街でも最もデリケートな場所とされています。ルッカとその周辺地域は、暮すにも、城壁の周りを散策したり、長い歴史を持つ木々の間で休憩したり、または、計り知れない価値を有する目を見張る最高級ヴィラで豊かに飾られた美しい田園で心地良いバカンスを過ごすにも、平穏で洗練されたロケーションを構成しています。ヴィラの代表はマルリアの王家別荘で、ここはイタリアでも最も重要な建物の一つであり、まさしく、バチオッキ王女に所有されていました。