ルッカで販売されている歴史的ヴィラ

28 番号
ルッカの丘の魅力的な風景に囲まれた、15世紀に起源を遡るエレガントな歴史的なヴィラが只今販売されています。
イタリアのトスカーナ州で販売中の邸宅は、建築の後、1785年に修復が行われており、その際の幾つかの特徴は現在でも見て取ることが出来ます。
この販売中の一流不動産は、後の数世紀の間に幾度かの修復と改装を受けているにもかかわらず、未だオリジナルの建築構造を残しています。
中でも一例を挙げるとすれば、17~18世紀のルッカの建築スタイルの典型的な特徴を備えたファサードでしょう。

最高級ヴィラを取り巻く1ヘクタールの所有地は、門からの一部を石壁の塀で囲まれています。特に注目すべきは、大きな椿の花が咲き誇る庭で、物件に更なる価値を与えています。
イタリア・トスカーナのヴィラは620平米の内部面積を持つ三階建てで、最上階は塔階のロフト部屋となります。内部は幾何学的に配置されており、各部屋は中央ホールの周りに置かれています。館内は貴重なフレスコ画で豊かに彩られ、アンティークな家具や調度品も過去の時代の香りを運びます。

一階はエントランスに始まり、書斎、キッチン、そして、多目的ルームと廊下へとつながったサロンに続きます。廊下の先には、バスルーム、セラー用の部屋があり、大きな灰色の石の階段が上階へとつながっています。 二階も中央サロンを中心として、三つの寝室とキッチンがあります。別の寝室とバスルームは階段スペースから直接アクセスすることが出来ます。他の二つの寝室は、このルッカで販売中の不動産の三階にあり、ロフト部屋の他に、19世紀初頭の木製の祭壇を配したプライベートの礼拝堂も備わっています。
詳細 州:トスカーナ
県:ルッカ
地域:ルッカ

分類:最高級ヴィラ販売-ルッカ ヴィラ

内部面積:620平米
外部面積:1ヘクタール

6寝室
3バスルーム
2サロン
2キッチン

その他、付属スペース

プライベートチャペル 
レモン温室
作業機器用倉庫

所有地:1ヘクタール

トスカーナ州-ルッカ:ピサ36km-フィレンツェ60km-ルッカ11km-フォルテ デイ マルミ44km-温泉施設18km-ゴルフクラブ5km-スキー場47km-ピサ空港20km-高速道路(カパンノーリ)10km

Rif番号: 0384
価格帯: 2.5ミリオンユーロまで

名門住宅

最高級ヴィラ
不動産 トスカーナ

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-ルッカ

カパンノーリの領土は、ロンゴバルドがイタリアへ到来した時代には既に居住地となっていたと思われますが、その歴史が記録されているのは745年からとなります。この年、一人の僧侶がこの地に定住し、サン クイリコに捧げたチャペルと“casupola(小さな貧しい家)”を建て、これが名前の由来になっているとされています。
トスカーナの集落・カパンノーリは常にルッカの支配下にあり、次時代にはトスカーナの豊かな農村として繁栄します。
13~14世紀には、権力を争っていたピサ共和国の前進を阻止するために、このルッカの町には大規模な要塞の建築が始まります。
1313年には、このトスカーナの町はウグッチョーネ デッラ ファッジョーラ率いるピサ軍に侵略され、甚大な崩壊の被害を受けることとなります。
数年の後、このトスカーナ州の集落は、ルッカ、ピサ、ピストイア、ルーニとヴォルテッラの大公となるカストゥルッチョ カストラカーニの介入のおかげで開放されます。政治的安定を回復したことで、町は間もなくトスカーナの最も重要な農業の拠点の一つとなります。
ピサからフランス軍への手に渡り、フランスの占領の後には、カパンノーリを含むルッカの全ての領土は、1861年にサヴォイ王・ヴィットリオ エマヌエーレ2世のイタリア王国へ併合されるまで、ロレーヌ家のレオポルド2世の 元、トスカーナ大公国の一部となっていました。