グロッセートで販売されている最高級不動産物件

20 番号
マレンマ地区グロッセートの美しく穏やかな風景の中にある、600平米の素晴らしいヴィラが販売されています。イタリア・トスカーナの農家の典型的な特徴を維持したままに巧に改修されており、周囲を取り囲む10へクタールの敷地内にある畑では、モレッリーノ ディ スカンサーノDOCG生産用の葡萄が栽培されています。
この最高級不動産物件は、グロッセートの海岸やアルジェンタリオから程近い優れた立地にあり、ジャンヌートゥリ島やエルバ島へと出港することが出来ます。また、販売中の一流ヴィラはマレンマの中心部にあるため、典型的な地中海の植物に囲まれており、重要なエトルリア考古学遺跡からも近くです。

イタリアのアルジェンタリオから程近い販売中のヴィラは、現在は宿泊施設として利用されており、プライバシーの保護とエレガントな時間を提供してくれる広々としたスペース、手入れの行き届いた環境に、トスカーナの伝統的な価値ある家具や仕上げが際立っています。
贅沢なファームハウスは三階建てとなっており、半地下階へは内部の階段を介してアクセスが出来ます。ここには、ジム、トルコ式バス、二つのバスルーム、リラクゼーションエリア、ビリヤードルーム、素朴なスタイルで装飾された広いサロンが備わっています。一階は、設備の整った木製のキッチン、ダイニングルーム、高級家具と暖炉が備わったサロン、バスルーム、また、管理人用の三つの寝室、二つのバスルーム、書斎で占められています。二階には専用バスルーム付きの六つの寝室かあり、うち三室には小さなリビングも付いています。

プライベートの庭も、この最高級物件に華を添えます。子供用とジャグジー付きの大人用の二つのプール、ガゼボ、快適な屋外での夕食をオーガナイズするのにぴったりのバーベキューエリアが備わっています。物件は、更に、ワインの製造および保存用の1,200平米のセラーも有しています。
詳細 州:トスカーナ
県:グロッセート
地域:グロッセート

分類:トスカーナで販売中の農家-ヴィラ グロッセート

内部面積:600平米
外部面積:10ヘクタール
 
9寝室
11バスルーム
3サロン
ダイニング
キッチン
 
その他、2つの付属スペース
 
2つのプール
ジム
トルコ式バス
ビリヤードルーム
セラー
葡萄畑:10ヘクタール
 
トスカーナ州-グロッセート:マリーナ ディ グロッセート10km-タロモーネ港15km-アルジェンタリオ26km-アルジェンタリオ ゴルフクラブ&スパ1km-モンタルチーノ51km-シエナ72km-ボルセーナ湖101km-ローマ181km-ピサ空港111km-高速道路(モンタルチーノ)3km

Rif番号: 0193
価格帯: € 8.000.000

高級住宅 販売

販売中の贅沢な不動産
ヴィラ グロッセート

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-グロッセート

グロッセートの起源は中世前期に遡ります。が、都市の幾つかの場所で発掘された最も古い遺跡からは、その起源がエトルリアにあるのか、ローマにあるのかを証明するには不十分です。
既に803年8月から、サンジョルジョ教会と彼らの財産の多くは、後には子孫たちが12世紀までマレンマ地区グロッセートの伯爵となるアルドブランデスキ家のイルデブランドに与えられていました。 こうしてアルドブランデスキ家の“支配”が始まり、このトスカーナの町は強力な権力を得ます。
自治体としての最初のアイデアの輪郭が描かれていた頃、1151年には、町は12世紀初頭に塩の租税協定を締結したシエナに忠誠を誓います。1222年にはアルドブランデスキ家は、市民にポデスタ、三人の評議員、コンソリを任命する権利を認め、後にはシエナへの服従の誓いを取り消します。しかし、シエナから送られた3000人の兵と“教育”によって、1244年には再び忠誠と服従が誓われることになります。こうして、シエナはアルドブランデスキ家を、皇帝としての特権は残しながらも、政権からは引き降ろします。
ただいま販売中の素晴らしい最高級ヴィラが建つグロッセートは、この僅か1年後には再びシエナの支配から逃れ、モンテアペルティの戦いではフィレンツェに加戦しますが、敗戦。再占拠、破壊、教皇クレメンス4世からの破門、自治権の回復、トロメイ家を領主とする共和国宣言、ルートヴィヒ4世や1336年のニコラス5世からの包囲などを経て、完全にシエナの支配下に置かれることとなります。
カトー カンブレジ条約、シエナのフィレンツェ相手の敗戦で、この地を治めることと成ったメディチ家がグロッセートを要塞化します。市壁の建設から始まり、フェルディナンド1世による制定・Uffizio dei Fossiが作られ、枯れた土地や道路も息を吹き返します。
しかし、後にはメディチ家はグロッセートやその領土を疎かにし、ロレーヌ家のピエトロ レオポルドの出現によって、ようやくグロッセートはシエナから分離され、自由都市として政治的、経済的制度を得ます。
この政治はグロッセート市民を大公から引き離し、グロッセートはイタリア統一運動に積極的に参加。レオポルド2世も国外退去します。グロッセートは、イタリアの他の小さな町々と同様に自らのアイデンティティを求め始めたのです。