シエナで販売中の最高級ヴィラ

31 番号
エレガントな最高級ヴィラと中世の集落が、只今シエナのキャンティの丘で販売されています。トスカーナの名門ヴィラである物件は、総内部面積2,650平米に、ヘリポートを含めた65ヘクタールの敷地に囲まれています。
詳細にまで至る見事に気遣いが、この素晴らしい18世紀の一流不動産を際立たせる最大の特徴です。部屋からプールエリアまでの一つ一つのスペースが、そのエレガントな輪郭を満たしています。

イタリアのキャンティで販売中の最高級ヴィラのアンティークな造りは、慎重な改装によって高められ、かつての華やかさを取り戻しています。エレガントなトスカーナ州のヴィラは、一方では高尚な姿を持ち、もう一方では心地良い週末を過ごすための田園の家としての快適さを持ち合わせています。改修作業は一流の最高級ヴィラだけに留まらず、道や庭園、そして、シエナの集落のオリーブ栽培の農業事業へも至っています。かつての農場の主な収入源であったオイル生産は、現在もトスカーナの地の貴重な味わいである、優れた品質のエキストラバージンオリーブオイルDOP“テッレ ディ シエナ”に活きています。

イタリア・シエナで販売されている特別な物件は、最高級ヴィラと集落で構成されており、どちらも、むき出しのレンガ壁の典型的な素朴なトスカーナスタイルとなっています。目を見張る贅沢なヴィラは、近年ではハイレベルの宿泊施設として使用されており、20のアパートメントに30の客室と6室のスイートルームが収容されています。うち、幾つかの部屋には今でも1800年代のフレスコ画が残されています。
一方、集落には22のアパートメントにトータル32室の部屋があり、一部の部屋には今でも稼動している古い炉が備わっています。キャンティのヴィラの館内は全てがトスカーナの“アルテ ポーヴェラ”スタイルで装飾されており、どんな高い要求やセンスにも適応するように計算されています。
トスカーナのヴィラのアンティークな建物からは、過ぎたる日の輝きが巧妙に復元されており、広い宴席やミーティングルームのおかげで、式典や会議に理想的な環境となっています。屋内と屋外に席を備えた集落のレストランでは、最高のイタリアワインと共に、高いレベルのトスカーナ料理をお客様に提供します。トスカーナの地の伝統の味は、現代の新しい解釈が加えられ、世界に二つとないこの地の個性となって生き続けています。

キャンティ地方で販売中の最高級ヴィラの屋外には65ヘクタールの土地が広がっています。うち6ヘクタールは1,760本の素晴らしいオリーブの木を伴うオリーブ畑となっています。所有地には、ハイドロマッサージ付きのプール、テニスコート、5,000平米の人工池、ヘリポートなどがあり、魅力的なこの場所では、美しくリラックス出来るトスカーナの風景を眺めながら、平和と幸せに満ちた一日を過ごす機会を提供してくれます。
詳細 州:トスカーナ
県:シエナ
地区:キャンティ

分類:ヴィラ トスカーナ-販売中のヴィラを探しています

メインの最高級ヴィラと集落:総内部面積2,650平米
外部面積:約65ヘクタール(うち6ヘクタールは1,760本のオリーブの畑)

プール
ヘリポート
テニスコート
人工池:5,000平米
神聖の教会

トスカーナ州-シエナ-キャンティ:フィレンツェ117km-シエナ市内44㎞-ヴォルテッラ96km-アレッツォ60km-トラジメーノ湖51km-モンテプルチャーノ24km-フォロニカ125km-アシアーノ温泉15km-ヴァルディキアーナ ゴルフクラブ23km-シエナ空港53km-高速道路(ヴァルディキアーナ-ベットーレ シナルンガ)15km

Rif番号: 0446
価格帯: 10ミリオンユーロ以上

農家 トスカーナ

避暑ホテル トスカーナ
販売中の住宅

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-シエナ

トスカーナ州-シエナ-キャンティ:オンブレッローネの谷の高みに位置し、クレテ セネージの印象的な風景に囲まれた、キャンティで販売中の贅沢なヴィラは、粘土質の土地と質素な農家、樫の森と中世の城、糸杉の並木と小さな田園の教会が交互に見られる古い道・ラウレターナ街道沿いに建っています。
有名なキャンティエリアにあるトスカーナの集落は、かつては数々のエトルリア人の居住区があった重要な経済の中心で、後にはローマの植民地となっています。当時はロンゴバルドの朝廷であったこの地は、カロリング王朝の統治時代にはシナルンガの伯爵の手に渡ります。
自治体の出現により、販売中のエレガントな最高級ヴィラのあるトスカーナ州の領地は、徐々にシエナ共和国に吸収され、中世から近世に向けては、19世紀半ばまで続いた繊維、皮革、セラミックス産業により重要な経済的役割を果たします。
只今販売中の最高級ヴィラの建つ集落は、過去にはロレーヌ家、その前にはメディチ家に統治され、その後の1860年には国民投票によってサルデーニャ王国に併合されます。そして、続いてシエナ県の一部となります。
今日の町には6000人の住民が暮らし、社会的・経済的な活力を放っています。旧市街は、過去の記憶と伝統に溢れた中世の村として不変の姿を保持しており、村の小道ではそのシンプルで純粋な空気を感じ取ることが出来ます。
このキャンティ地方の集落の近くには、狭い曲がりくねった道と歴史豊かな高貴な建物が特徴的な美しいシエナの街があります。中世時代にはフィレンツェの凄まじい敵であった、販売中のトスカーナの贅沢なヴィラが生まれた都市は、今でもその厳格な中世の魅力を保ち続けています。
昔のままの姿を残す旧市街の通りを歩けば、毎年夏にはパリオが開催される有名なカンポ広場や、大聖堂、プッブリコ宮とマンジャの塔、街の守護聖人・サンタカテリーナを奉る幾つもの小道に散乱した小さな教会など、比類ない素晴らしさを楽しむことが出来ます。