シエナで販売中の最高級ヴィラ

15 番号
イタリア・シエナのキャンティ地区の丘の上で、一流ワイン農園が販売されています。メインの最高級ヴィラはアンティークなトスカーナの納屋から生まれ変わっており、413平米の広さを有しています。
この典型的なイタリア・トスカーナ州のヴィラは、シエナの有名な建築家による細心の改修作業によって生まれています。石と煉瓦という元の建築素材や構造とモダンで快適な館内、トスカーナの美しい住居の味わいはそのまま維持されています。

このワイナリーは、同じ名前を持つ古い村の隣にあります。シエナのキャンティ地区の中心部にあり、葡萄畑、オリーブ畑と野生の森林に囲まれ、キャンティクラシコやスーパートスカーナワインを生産しています。
物件は、プライベートの土地7.5ヘクタールを所有し、そのうちの3.5ヘクタールは葡萄畑、残りはオリーブの木と森となっています。
オリーブの木立に囲まれた庭には、太陽電池パネルと温水シャワーを備えたパノラマビューの大きなプールがあります。

メインのアパートメントは200平米で、貴重なトラバーチンの床が特徴的です。最上階のオープンスペースにあるリビングゾーンには美しい暖炉があり、この階の四方に備わった大きな窓からは、キャンティからアミアータ山まで広がる360度の壮大な景色が見晴らせます。
一方、三つのダブルルームのあるナイトゾーンは下の階になります。他の二つのアパートは同じ大きさと構造を持っており、それぞれに二つのダブルルーム、広いリビングスペース、専用バスルーム、ダイニングキッチンと大きなサロンで構成されています。
詳細 州:トスカーナ
県:シエナ
地区:キャンティ

分類:トスカーナで販売中のヴィラ-ワイナリー

内部面積:413平米
外部面積:7.5ヘクタール

5寝室
5バスルーム
3サロン
2ダイニング
2キッチン

その他、3つの付属スペース

プール
所有地:7.5ヘクタール

トスカーナ州-シエナ-キャンティ:シエナ9km-フィレンツェ70km-アレッツォ61km-エトルリア海岸82km-モンタルチーノ48km-モンテプルチャーノ47km-コルトーナ57km-カセンティーノ自然公園31km-クエルチョライア温泉11km-ゴルフ&カントリークラブ3km-シエナ空港11km-高速道路(フィレンツェ南からE78、モンテリッジョーニ)16km

Rif番号: 0088
価格帯: 2.5ミリオンユーロまで

トスカーナのヴィラ

ヴィラとファームハウス
ワイン生産企業

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-シエナ

トスカーナ州-シエナ-キャンティ:オンブローネの谷の高台の、クレーテ セネーズィの景色が始まる辺りに位置するカステルヌオーヴォ ベラルデンガは、キャンティ地区の最南端の町です。原点は、その名の由来となっているウグリジエリ デッラ ベラルデンガ家が所有していた土地の中心ですが、城の建設は1366年で、傭兵隊の侵略から地域を守るためにシエナ共和国大評議会が決定したものです。
アルチェーノ、ヴァルコルテーゼら地域で最も古い要塞と区別するために、ヌオーヴォ(新しい)と呼ばれたカステルヌオーヴ ベラルデンガですが、このトスカーナの丘の最高峰を囲んだ城壁は、完成後の最後の仕上げを終える間もなくフィレンツェに雇われたジョン·ホークウッド率い る傭兵隊に攻撃されます。
トスカーナの町の包囲は、砦の崩壊と侵略により1382年に終わります。しかし、城はシエナの人々の手に戻り、1478年と1479年には永遠のライバルによる攻撃から守ることに成功します。
1481年になって、シエナはようやく要塞の建設を完了し、駐屯地を設置します。
数年後の1489年には、ランディ伯爵の裏切りによって、カステルヌオーヴォの砦はフィレンツェの手に渡りますが、1年後にはシエナが取り返します。
後の1511年にカステルヌオーヴォの新しい要塞は、シエナ共和国から長期に渡ってこの地を所有することとなるブルガリーニ家に譲られ、その後は1526年まではベッランナーティ家のものとなっています。
翌年、トスカーナの城はシエナの手に戻り、そして、ブルボン家へと譲られます。
1538年には、ニースへの旅の途中であった教皇パウロ3世がこの城を訪れています。
1554年、サンタ フィオーラ伯爵とマリニャーノ侯爵の軍隊に占領された城は、翌年、シエナ共和国の崩壊でトスカーナ大公国のものとなります。
1774年のレオポルド大公による再編成により、カステルヌオーヴォはようやく現在の領土に組み込まれています。