ミラノより1時間の古城販売中

39 番号
ピアチェンツァの丘の緑豊かな田園地帯、イタリアのピアチェンツァとミラノの間に、この威厳溢れる古城はそびえ立っています。起源を10世紀に遡り、壮大なパノラマを臨む絶好の場所に位置しています。
城は台形に建てられ、内側に大きな中庭があります。
ミラノ近郊の古城の隅には四つのエレガントな円柱形の塔がそびえており、頑強な控壁が円錐形の屋根を支えています。同じデザインと構造は城の屋根下に沿って外壁全体にも二重に施されています。洗練された古城には住居として利用するために壁面に幾つもの窓が備え付けられています。

この豪華な屋敷を更に彩るのは歴史ある優雅で美しい庭で、7ヘクタールの所有地には、二つの池と、沼、天然水の湧き出る水源と小川が流れています。
緑地では、穏やかな気候に伴って外来の珍しい植物が数多く生殖しています。
古城の裏地には豪華な温水プールがあります。プールサイドにはガゼボも設置されており、イベントスペースとしても使用が可能で、美しい自然の中、コンサートやコンベンションを開くのにも適しています。
城の内部にもミーティングや会議などに利用出来る多くのホールスペースがありますが、この中には、かつて秘密の部屋として古城内に隠れていた優美なセレモニーホールもあります。

現在販売されているイタリアでも最高級クラスの古城には、全部で14部屋のバスルーム付き寝室があり、それぞれが由緒あるアンティークでエレガントな家具で内装されており、特に天蓋付きのベッドは完璧な中世後期の趣を再現しています。
暖炉と品格のある家具が、寝室のみでなく他の部屋も優雅に飾ります。例えば、古い厩舎跡に造られた広いダイニングとレストランも、かつては古城に埋もれていた秘密の部屋であり、今日では三つのモダンなキッチンが設置されています。

この販売中の壮大な石の古城を飾るのは、スポーツとウェルネスに特化した広大なゾーンです。
また、城内の落ち着いたチャペルと、メインの建物に隣接した17世紀に建てられた古い教会も特徴的です。
詳細 州:エミリア ロマーニャ
地区:ピアチェンツァとミラノ間
地域:ピアチェンツァとミラノ間

分類:ミラノの古城-ミラノの城

内部面積:8,500平米
外部面積:7ヘクタール

14寝室(バスルーム付き)
3キッチン

セレモニーホール
コンファレンスルーム
教会
チャペル

野外アレーナ
サッカーコート
テニスコート
バスケットコート
ジム
ハイドロマッサージ
サウナ
トルコ風浴場
プール
ヘリポート
広い駐車場

エミリア ロマーニャ-ピアチェンツァ-ミラノ近郊:ピアチェンツァ21km-パヴィア46km-パルマ57km-ミラノ61km-ゴルフ場5km-温泉施設26km-ミラノ、リナーテ空港55km-高速道路(ピアチェンツァ西)18km

Rif番号: 0402
価格帯: 10ミリオンユーロ以上

販売中の住宅とヴィラ

販売中のアパート
ヴィラ売ります

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

エミリア ロマーニャ州-ピアチェンツァ

エミリア ロマーニャ-ピアチェンツァ-ミラノ近郊:パダーナ平野の中心部に位置するピアチェンツァ。ポー川の右岸から続き、トレッビア川の西とヌーラ河の東との合流地点であり、ピアチェンツァの丘陵に囲まれています。
地理的にはパダーナの谷とミラノの間で、かつては軍事戦略に於ける重要な地であり、現在でも鉄道路線や高速道路を結ぶ地点となっています。
紀元前218年にクレモナとともに、ローマの軍事植民地として建設されました。
販売中の古城があるミラノ近郊のこの場所は、境界線という場所柄から幾度もの略奪と破壊の被害を受けて来ましたが、それでも、強力な植民地としてパダーナ地区で最も名の知れた都市の一つとなりました。
9世紀から1090年まで、ミラノから近いこの街は司教たちによって支配された後に自由都市となりました。まずはミラノの司教たち、そして、ヴォスコンティ家、1449年まではスフォルツァ家 に支配され、続いて教皇領となりパルマ及びピアチェンツァ公国の一部となっています。
販売中の城が建つピアチェンツァは、後にはナポレオンに侵略され、その後はナポレオンの妻でハプスブルク家皇女のマリーア・ルイーザの手に渡った後、1859年まではブルボン家のものとなっています。
1000年の歴史の中でミラノ近郊のこの街は、重要な芸術的遺産を形作って来ました。
特に興味深いのは、大聖堂、サンタントニオ聖堂、サン サヴィーノ聖堂、そして、サンタ マリア ディ カンパーニャ教会で、その他にも多くの貴族や上流階級の名士たちの屋敷がピアチェンツァを特筆すべき“宮殿の町”にしており、旧市街地にある多くの公共またはプライベートの庭園も重要な遺産です。
街には自然史博物館、リッチ‐オッディ現代絵画館の他にも、幾つもの中世からルネッサンス時代の美術館もあります。
販売中の古城が建つ場所のように、ピアチェンツァの地は基本的には丘陵地帯と谷間で構成されています。地域にはモンテ モリア県立公園、およびピアチェンツァ自然園など、いくつかの自然公園もあります。