ヴェルシリア地方で販売している高級ヴィラ

16 番号
イタリア・トスカーナの海沿いで最も有名な観光地の一つであるフォルテ デイ マルミの程近く、最高級の海岸地区で瀟洒なヴィラが販売されています。
この販売中の高級ヴィラで、まず真っ先に目を引くのは800平米に渡る手入れの行き届いた庭です。優雅なプールとともに夕刻にはやわらかな光でライトアップされ、高級ヴィラに独特の魅力を与えます。
エレガントなプールの内部には緩やかな階段が設置され、周囲には快適な庭用家具が装備されています。ビーチベッド、椅子、テーブル、円形のソファーなど、のんびりとくつろいだり、日光浴をするには最適です。

800平米の所有地は、手入れされた庭園が特徴で、悠々と生えるヤシの木、美しく刈り込まれた茂み、周囲を飾る装飾が強い印象を与えます。これらが、トスカーナの海沿いで販売されている高級ヴィラを一層豪華に彩ります。
ヴィラの前面にあるポーチも優雅です。夏の暑さの中、プールサイドの休憩場所として利用したり、また、夕刻には友人たちとアペリティフや食事などを楽しむことも出来ます。
四本の白い柱は、同じように淡い色合いの家具や装飾とマッチしています。
フォルテ デイ マルミに程近い高級なヴィラを建築物として引き立てる、無くてはならないポーチは、美しい古代ローマの邸宅を見ているかのようです。

このイタリアで販売中の高級ヴィラの内部面積は260平米で、大きく明るいダイニング、キッチン、三つの寝室、三つのバスルーム、広い屋根裏部屋(寝室として利用可)、ソファーとテレビのあるリビングゾーンで構成されています。
爽やかで清潔な空間は落ち着いた雰囲気であり、質の良い家具、シックなトーンのインテリアが見事に調和しています。
魅力的なトスカーナの高級ヴィラのリビングは美しい庭園に臨む大きな窓に囲まれ、非常に開放感の高い空間です。
地上階は上品な白大理石の床が素晴らしく、壁に飾られたファブリックの色合いとよくマッチしています。
屋根裏部屋と寝室の主人公は寄木細工の床です。スタイルはクラシックですが、他の部屋と同じように内装は淡い色合いの調和を品よく保っています。
こうした全ての特性が、トスカーナ・ヴェルシリア地方の海岸地区にある高級ヴィラ、この高い価値を持つ邸宅の魅力を紛れもないものとし、フォルテ デイ マルミでも最も美しい豪華ヴィラの一つにしています。
詳細 州:トスカーナ
県:ピエトラサンタ
地域:マリーナ ディ ピエトラサンタ

分類:フォルテ デイ マルミのヴィラ-ヴィラ トスカーナ海岸沿い

内部面積:260平米
外部面積:庭園800平米

3寝室
3バスルーム
リビング
ダイニング
キッチン
広い屋根裏部屋(寝室として利用可)

プール

距離:フォルテ デイ マルミ3km-フィレンツェ110km-ルッカ35km-ピサ37km-ヴィアレッジョ15km-ピサ空港43km-高速道路(A1、ヴェルシリア)6km

リファレンス番号(Rif.) 0462
Rif番号: 0462
価格帯: € 1.500.000

一流住宅

最高級不動産物件
販売中の屋敷

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-マリーナ ディ ピエトラサンタ

トスカーナ州-ルッカ-フォルテ デイ マルミ:海の青と栗の木々の緑、広い砂浜と険しいアルプスの山、ゆるやかなオリーブ畑を抜けるとそこにマリーナ ディ ピエトラサンタがあります。
森の間の細道、谷、山と芝地、絵のような村、古い水車小屋、そして、壮厳な大理石の採石といった、様々な美しい風景が見られます。
深い緑に囲まれた歴史ある土地、自然と人々の温かさに溢れたこの場所は、観光客にはあまり知られていませんが、素晴らしい立地であり、最高級クラスのヴィラが立ち並んでいます。ティレニア海岸沿いにあり、爽やかな松の並木と白い砂浜が海に向かって広がります。
ロンゴバルドの支配時代から重要な地域であったピエトラサンタ、その建設は13世紀半ばになりますが、建設者であるグイスカルド ダ ピエトラサンタにちなんで命名されています。
旧市街の建物は、チェスボードのように左右に一定の法則で並んでおり、それぞれが戦略上の“ゴールデンプロポーション”に基づいて建設されています。
ルッカとフィレンツェの間の何世紀にも渡る戦い。トスカーナ公国時代に於いて、マリーナ ディ ピエトラサンタは軍事的にも経済的にも重要な土地でした。その後、スペインとフランスの侵略を経て、ようやくルッカ県の一部となったのでした。
ピエトラサンタという街は、昔から豪華さとエレガントさが特徴であり、この地で販売されている最高級ヴィラからもそれが見て取れます。
多分、この街の文化の活性は大理石彫刻の街ということから派生しているのでしょう。ミケランジェロに始まり、ボテロ、ミトライ、カラトラーヴァまで、文化と芸術に於ける最高水準の人物たちを惹きつけて来ました。
近年では、作家・ロマーノ バッタリアのヴィラやカフェのあるパルコ デッラ ヴェルシリアーナ(ヴェルシリアーナの公園)が、劇場、展示会、討論会など多くのイベントの開催で、年間を通じての文化交流と発展の場所としてイタリア全土から注目されています。