フィレンツェで販売されている一流不動産

20 番号
フィレンツェ市内から程近い場所で、元は1600年代の修道院だった最高級ヴィラが販売されています。この一流不動産には、オリーブ畑、果樹園、小さな葡萄畑や、プールと緑廊の備わった庭も隣接しています。

イタリアのフィレンツェで販売中のトスカーナの住居は、起源をルネッサンス後期に遡り、後の何世紀かの間にエレガントで贅沢なヴィラへと生まれ変わっています。メインのヴィラはまさしく古い修道院であり、木の梁のヴォールト天井やアンティークテラコッタの床などオリジナルのトスカーナ建築の特徴を保存した修復が、細部に至るまで注意を払って行われています。

最高級住宅はは650平米の総面積を有しており、二階建てとなっています。
一階のアーチ型の大きな廊下の片側は中庭へ、もう一方は非常に明るいメインエントランスへと導いてくれます。サロンと書斎が続き、そして、設備の整った広いキッチンには17世紀の大きな暖炉も備わっています。庭へは、フィレンツェのヴィラのダイニングやセラーからもアクセスすることが出来ます。
この一流不動産のセラーは、煉瓦や交差ヴォールトの天井が素晴らしく、ワインボトル、樽やバリックを格納するという本来の目的を尊重して修復されています。
ヴィラの上階には壮大なセレーナ石の階段を通じて上ることが出来ます。六つのスイートルームと五つのバスルームの他、リビング、そして、石造りの暖炉が備わったメインのサロンがあります。書斎兼蔵書庫となったロマンティックな塔からは、フィレンツェ周辺の変化に富んだイタリア・トスカーナの丘陵の雄大な景観を楽しむことが出来ます。

贅沢なヴィラの周囲には、管理人やハウスキーパー用の住居またはゲスト用に最適な100平米の広さを持つ別館もあります。ここはダイニングキッチン、ダイニング、リビング、寝室とバスルームで構成されています。この販売中の二つの不動産は、一部がオリーブ畑、果樹園、葡萄畑となっている9ヘクタールの土地に囲まれており、隣接した庭テラスから緑廊の小道を辿るとパノラマビューのプールも備わっています。
詳細 州:トスカーナ
県:フィレンツェ
地域:フィレンツェ

分類:最高級住宅販売-販売中のヴィラ フィレンツェ

内部面積:750平米
外部面積:9ヘクタール

旧修道院:650平米
6寝室
5バスルーム
4サロン
2ダイニング
2キッチン

その他、付属スペース

管理人用住居:100平米
寝室
バスルーム
サロン
ダイニング
キッチン
付属スペース

オリーブ畑-果樹園-葡萄畑

緑廊-プール
 
トスカーナ州-フィレンツェ:フィレンツェ市内9km-シエナ52km-ピサ81km-ティレニア海岸75km-キャンティ8km-サン ジミニャーノ31km-ヴォルテッラ52km-温泉3km-ゴルフ場3km-フィレンツェ空港12km-高速道路(A1、フィレンツェ チェルトーザ)4km
 
Rif番号: 0188
価格帯: 2.5ミリオンから5ミリオンユーロ

住宅 フィレンツェ

トスカーナ州のヴィラ
ヴィラ販売

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-フィレンツェ

インプルネータの境界は北をフィレンツェ、東をグレーヴェ イン キャンティとバーニョ ア リポリ、そして、南をサン カッシャーノ、西を同じくサン カッシャーノとスカンディッチに区切られています。
インプルネータの原点は不明ですが、古代には“In Pineta(松林の中)”と呼ばれていたこの地の起源は、エトルリアやローマ時代の足跡である幾つかの遺跡からも間違いなく古代に遡ると見られています。
インプルネータの歴史はフィレンツェと、トスカーナ共和国の領土に密接しています。領主であったブォンデルモンテは、トスカーナ共和国との闘争を繰り返していました。
当時から既にこのトスカーナの町は大きな重要性を持ってました。
聖母の神聖なイメージはフィレンツェの住民にとっては常に最高の崇拝の対象となっていました。フィレンツェでは、共和国司法組織や、後にはメディチ家の大公たちやロレーヌ家の主導で、疫病や戦争、その他の災害時などに大きく崇められており、マドンナ像は1343年から1750年までの間に祈祷のために65回以上運び出されています。
このトスカーナの町では17世紀のエレガントな柱廊の下で1300年代のレリーフである聖人とマドンナを鑑賞することが出来ます。
教会の隣には印象的で調和のとれた美しさのロマネスク様式の鐘楼がそびえています。ラテン十字形の寺院内には、他にも、二つの祭壇のミケロッツォミケロッツィのタベルナコロなどの見所もあります。また、ルカ デッラ ロッビアのレリーフや彫刻、ジャンボローニャの作品である壮大な十字架も残っています。
聖具室にはその他に14世紀の聖人と聖母子、タッカの聖十字、希少な壁紙、銀、ベルベットなども保存されており、熟練した巨匠たちの絵画が大聖堂を飾ります。幸運なことに、こうした美しい作品は戦争の被害から逃れています。