トスカーナ州の海辺で価値あるヴィラが販売中

21 番号
ピオンビーノの岬の、トスカーナの海に面したパノラマビューの立地。フィレンツェ、シエナ、ピサなどの重要芸術都市からも遠くない場所で、この高級ヴィラが販売されています。元々 は1900年代の粉引場であった不動産は、400平米の独立したヴィラと、200平米の別棟で構成され、手入れの行き届いた5,000平米の庭に囲まれています。

イタリア・リヴォルノの海沿いで販売中の最高級不動産は三階建てで、半地下室には、キッチン、ダイニングルーム、 三つの寝室と二つのバスルームが備わっています。
一階には、暖炉付きで格間天井のサロンとダイニングがあり、ここからアーチを抜けた廊下がキッチン、もう一つの小さめのサロン、寝室とバスルームへとつながっています。
大理石の階段が二階へと続きます。この階には、暖炉付きのリビングルーム、木製の階段が小さな書斎へとつながっているキッチンがあります。その他、ダイニングルーム、 二つの寝室、二つのバスルームも備わっています。

別棟は、寝室、ダイニング、簡易キッチン、バスルームで構成されています。
イタリアのトスカーナ州で販売されている一流ヴィラは、どちらもパノラマビューのテラスを有しています。サンデッキ付きの美しいプールは、暑い夏の日々には寛ぎの時を運んでくれます。天気の良い日にはトスカーナ群島を見渡すことが出来ます。
ピオンビーノの不動産では、プライベートビーチへのアクセス口、また、小さな桟橋やボート保管庫も備わっています。
詳細 州:トスカーナ
県:リヴォルノ
地域:リヴォルノ

分類:一流ヴィラ販売-ヴィラ リヴォルノ

内部面積:600平米
外部面積:5,000平米

メインのヴィラ:400平米
6寝室
3サロン
3ダイニング
3キッチン
5バスルーム

別棟:200平米
寝室
ダイニング
キッチン
バスルーム

その他、付属施設

プール
プライベートビーチ、ボート保管庫

トスカーナ州-リヴォルノ:リヴォルノ市内85km-ピサ110km-グロッセート75km-フォルテ デイ マルミ140km-フィレンツェ166km-ルッカ130km-ピサ空港107km

Rif番号: 0332
価格帯: 2.5ミリオンから5ミリオンユーロ

最高級不動産

住宅 ウンブリア州
一流住宅

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-リヴォルノ

トスカーナ州-リヴォルノ-ピオンビーノ:ピオンビーノの町は、同名の岬の最南端、また、マッソンチェッロ山の南にあり、エルバ島からはピオンビーノ運河で隔てられています。ピオンビーノはティレニア海を臨み、カスティリオンチェッロなどトスカーナ州でも最も美しい砂浜を始めリヴォルノ県のほとんどが位置するエトルリア海岸に面しています。
領土は、現在はマレンマ リヴォルネーゼとして知られているマレンマ ピサーナの一部として歴史を刻んでいます。
この領土内の最初の居住地は、少なくともエトルリア時代に、古くはファレシア港があったピオンビーノ岬のマッソンチェッロ山の北斜面にポプロニアが建設された際に遡ります。
後に地域はローマの影響下に置かれ、何世紀にも渡ってエトルリア-ローマと運命を共にしています。ピオンビーノという名は、小さなポプロニアを意味する“ ポプリーノ”から来ていると認識されているようです。
事実、ポプロニアはピオンビーノの誕生に深く結びついています。中世時代には、ポプロニアは幾度もの攻撃と略奪を受けています。ポプロニアは、最も輝かしい古代エトルリアの町から小さな町へと縮小してしまったにも関わらず、教区の本拠地でした。この町への最後の略奪はサラセン人の海賊によるもので、809年に記録されており、この時に難を逃れた少数の住民がファレシア港へと居を移し、新しく構えた拠点がピオンビーノの基盤となっています。
その後、このトスカーナの町は要塞化された港となり、特にエルバ島の鉱山への寄港地として、ピサにとっての戦略基点となっています。
ピオンビーノは、1399年までピサ共和国とアッピアーニ家の、1598年からは公国の支配下にありました。ナポリ王は、ピオンビーノをルドヴィージ家へと差し出しましたが、1646年には町はフランス軍の手に落ち、1650年にスペイン軍の助けの元で解放されました。
1805年に、このトスカーナの町は再びフランス軍の手の中に落ちた後、ナポレオン•ボナパルトがピオンビーノを妹・エリーザへ譲りますが、1815年にはウィーン会議にて、オーストリア大公・フェルディナンドへと渡ります。そして、1861年にイタリア王国に統合されます。
この地域では、エトルリア時代からローマ時代、そして、現代まで、製錬業の早期発展に貢献した多数の鉄鉱石の地層が特徴です。また、同様に活発な産業は鉄工業と鉄鋼業とエンジニアリングです。