トスカーナ州で販売中のアンティークな農園邸宅

13 番号
販売中のイタリア・トスカーナのアンティークな農園は、アルノ川沿いの最初の谷、フィレンツェとアレッツォとロマーニャの境界、カセントの中心部に位置しており、トータル3,200平米の建物は、森林、播種用地となっている99ヘクタールの土地に囲まれています。ポプラの緑の中をアルノ川が横切り、山脈が谷を取り巻く素晴らしい風景を臨みます。

この農園は複数の一流不動産で構成されています。
石造りの農家は、約450平米と300平米の二つの建物で、古いほうは10世紀に起源を持つロメーナ城の最も外の城壁の塔から造られています。
コルトリチャーノと呼ばれる住居は約950平米の建物で、こちらも石造りです。カセンティーノを見下ろす高台の頂上、イタリアのトスカーナ州で最も美しいロマネスク様式の教区の一つといわれるロメーナ教区から300mに位置しています。
物件の所有地には、380平米の農家と古い納屋と小屋で構成された約1,200平米の地域もあります。
近隣にはロマネスクの教会や中世の城が建っていますが、この地区で一番特徴的なのは、カマルドリ、ラ ヴェルナ、ヴァロンブローザの三つの重要な修道院が静かに佇む古い森でしょう。

森林とカセンティーノ自然公園の静寂に包まれた農園は、石壁、木の天井や仕上げなど素朴で伝統的なトスカーナの住居の特徴を備えています。
ロメーナ城とロマネスクのロメーナ教会の麓にある只今販売中の一流複合不動産は、カセンティーノの谷の高台に位置した伝統的な石造りで、カセンティーノ国立森林公園やファルテローナ山からもすぐ近くです。
また、フィレンツェ、アレッツォ、シエナを訪問するにも最適のロケーションですが、同時に通常のトスカーナ観光とは異なった素晴らしい場所を訪れる機会も与えてくれます。
詳細 内部面積:3,200平米
外部面積:99ヘクタール
分類:最高級不動産販売-城 トスカーナ

農家1:750平米
農家2:380平米
コルトリチャーノ:950平米
教区の農場:1,120平米

土地、森林と播種用地
 
アレッツォ32km-フィレンツェ40km-アドリア海岸90km-シエナ100km-キャンティ50km-温泉施設30km-フィレンツェ空港48km-高速道路(A1、フィレンツェ南)32km

Rif番号: 0067
価格帯: € 3.200.000

城 フィレンツェ

販売中のファームハウス
ワイン生産農場

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州プラートヴェッキオ ディ ロメーナ

プラートヴェッキオの存在は10世紀の文書上で確認されていますが、13世紀以降、14世紀の後半に最盛期を迎えるまで徐々に重要性を獲得しています。
ここで生まれたのは、ルネッサンスの偉大な画家であるパオロ ディ ドーノ­=通称・パオロ ウッチェロ、有名なヒューマニストで神曲の解説者・クリストフォロ ランディーノ、そして、画家ヤコポ ランディーニ=通称・ヤコポ デル カセンティーノなどです。
この地を見下ろすのはロメーナ城の遺跡で、ここはドヴェドーラ伯爵に招かれアルギエーリが隠れ家とした場所です。
1800年代に建設された林業企業は、森の資源の利用に大きな発展を促します。例えば、フィレンツェの大聖堂建設のための大量の木材はここから産出されています。
古い起源を持つ城の最初の領主はスポレートのアルベルティ伯爵家で、その後、グイディ家へと渡ります。16の塔を持つ要塞は、1358年にはフィレンツェ共和国のものとなり、ダンテの神曲の地獄編で有名になります。
1902年には、ガブリエレ ダヌンツィオがここを居とし、アルシオーヌの16の詩を生み出します。
第二次世界大戦中には城は大きな損傷を受け、後に修復されています。
要塞からすぐの場所には、10世紀に建設されたサン ピエトロ教区のロメーナ教会があり、最も古い教会跡に1152年に再建された教会は、イタリア全土に於いて最も重要なロマネスク建築の代表例の一つに数えられています。