シエナで販売されている一流ヴィラ

22 番号
モンタイオーネの趣ある集落を包みこむ美しいトスカーナの田園地帯の、伝統的なファームハウスがイタリアのシエナで販売されています。広々とした10軒のアパートメントで構成され、そのうちの8つは、1600年代の630平米のトスカーナのヴィラ内に位置しており、アーチや梁天井など、伝統的な建築構造が保存され、その価値を高めています。残り二つのアパートは、160平米の旧納屋に造られています。

この魅力的な住居はイタリア・シエナのキャンティ地方の丘に位置しています。別途、400平米の建築許可が降り、既にプロジェクトも存在しています。
建物は権威ある農園の一部であり、フィレンツェのサンタクローチェ教会に記念碑のある詩人ヴィンチェンツォダ フィリカヤを始め多くの偉大なイタリア人たちに所有され、現在の所有者の祖先はメディチ家からの贈物として受け取っています。
各アパートメントは男性名と女性名が付けられていますが、これらは古き時代にこのシエナのファームハウスを所有してきた人々の名前です。

販売中の二つの最高級ファームハウスは3ヘクタールの土地に囲まれ、その多くを占めるのはオリーブの木々です。緑と銀の畑がキャンティの丘の緑に直線と曲線を描き、地域をいかにもトスカーナらしい姿にしてくれています。
ヴィラに面した広大な芝生には、間の子供用の小さなプールで残りの二つが接続された大きなプールがあり、すべての快適な設備と、バーベキュー用スペースも装備されています。
最高のパノラマを臨む高台の立地にある農園は、トスカーナの主要芸術都市からも近くでありながら、素晴らしい景観と最高の静けさとプライバシーを約束してくれます。また、近くには中世時代からの信仰を集める修道院やフランチジェーナ街道もあります。
詳細 州:トスカーナ
県:シエナ
地域:サン ジミニャーノ

分類:ヴィラ キャンティ-ヴィラとファームハウス
内部面積:1,420平米
外部面積:3ヘクタール

メインの最高級ヴィラ:
8つのアパートメントで構成
それぞれに1~2室の寝室
1~3のバスルーム
リビング
キッチン

田舎スタイルの最高級住宅:
2つのアパートメントで構成
それぞれに2~3室の寝室
1~2のバスルーム
リビング
キッチン
ポーチ

プール
バーべキュースペース
オリーブ畑 
所有地トータル:30,000平米

トスカーナ州-シエナ:フィレンツェ47km-シエナ市内50km-サン ジミニャーノ9km-ゴルフクラブ5km-乗馬クラブ3km-フィレンツェ空港43km-高速道路(A11、チェルトーザ)25km

Rif番号: 0103
価格帯: 2.5ミリオンから5ミリオンユーロ

トスカーナ州 ヴィラ

トスカーナ州のファームハウス
住宅と別荘

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-シエナ

トスカーナ州-シエナ-サン·ジミニャーノ:伝説によれば、トスカーナの丘に包まれたこの集落は、アヨーネという名のヴォルテッラの貴族の青年に由来しているといわれています。
ある日、遠く離れた地域で一日過ごし、森の奥にある家で泣いている美しい娘・フィリーネに出会います。彼女はガンバッソに誘拐されていたのでした。
アヨーネはフィリーネを助け出す決心をし、ガンバッソに戦いを挑みます。
フィリーネを母親の元に連れ帰り、彼女との結婚を許されたアヨーネは“アヨーネ山”の集落と、当時は離れた場所に“フィリーネの城”を建設します。
アヨーネとガンバッソのそれぞれの子孫は、しかし、激しいライバル関係を維持していました。
ある日、アヨーネの子孫は、フィリーネで敵軍の攻撃に合い、その後の長い包囲で城は崩壊され、守備軍も全て倒れてしまいます。
指導者も信仰も失ったこのトスカーナの村の人々は偶像崇拝へと戻り、平和と幸福のために神々に村で一番美しいフィッリという名の少女を捧げることに決めます。
一人のフィレンツェの騎士がこの知らせを聞き、モンタイオーネに駆けつけます。人間の犠牲を犠牲にするという行為に恐れ(おそらく少女の美しさに魅了されたこともあったでしょう)、村民に少女の解放と、その代わりに雌の子牛を捧げるように命令します。そうして、騎士は“仔牛の領主”と呼ばれます。
解放されたフィッリは、救い主へ感謝の気持ちから身に着けていた千切れた赤い服を贈り、彼はそれを誇りを持って旗として使います。
フィッリと仔牛の領主は結婚し、フィリーネの城を再建し、ここで長く暮らします。
仔牛の領主は彼の妻を深く愛し、“Filli mia bella(私の美しいフィッリ)”、“Filli desiata(熱望されたフィッリ)”、“Filli cara(愛しいフィッリ)”と呼び続け、彼らが暮らしていた地を“Fillicara”と呼びます。
彼らの子孫は“Fillicara”、"Filicaja" または "da Filicaja"と名乗り、その紋章にフィッリの服をシンボルとしました。