トスカーナ州で販売中の特別な農園

16 番号
リヴォルノの丘陵地帯の素晴らしい景観を臨む高台の立地で販売中の、この特別なトスカーナの農園は三つの建物で構成され、総内部面積は約650平米、大きなスイミングプールと雑木林、播種用地、放牧地、葡萄畑に分割された広大な96ヘクタールの土地を所有しています。
イタリアのリヴォルノで販売されている物件のヴィラは、典型的なトスカーナの農家の素朴なスタイルに沿って完全に修復改装されており、天井の梁の木材、床のテラコッタ、石や赤レンガなどの伝統的な素材が使用されています。

メインの建築物は14世紀に起源を遡る歴史的な建物で、後にセンスの良い家具と、エレガントな仕上げで繊細に修復されています。
 一階には広いサロン、二つのキッチン(一つはプロ使用です)、二つの寝室、三つのバスルーム、書斎があります。この階には、暑い夏の日を心地良く過ごせる美しいポーチも備わっています。上階へは屋内の階段と、50平米の大きなテラスへ続く屋外の階段から上がることが出来ます。ここには専用バスルーム付きの五つの寝室があり、一つはジャグジーバス付きです。
全ての部屋には最新の快適な設備が備わっており、この場所での滞在を夢のような素晴らしい思い出にしてくれます。

新築の建物も販売中の農園に含まれており、ファームハウスの裏に位置しています。こちらは、二階建てと半地下となっており、地下には、バスルームや車庫へのアクセスランプの構築や、ランドリー、アイロンルームとしての利用などが可能な幾つかの部屋があります。
一階は、簡易キッチン付きのリビング、二つの寝室、バスルーム、二つのガレージで構成されます。ニ階には、テラスに面した主寝室があり、ジャグジーバス付きの10平米のバスルームが備わっています。

販売中の三軒目のファームハウスには、それぞれが約40平米の二つのアパートメントがあり、簡易キッチン付きのリビング、バスルーム、寝室で構成されています。只今販売中のこの歴史的レジデンスのアパートメントは、緑廊、専用駐車場付きのプライベートガーデンも有しています。
詳細 州:トスカーナ
県:リヴォルノ
地域:リヴォルノ

分類:トスカーナのファームハウス販売-ヴィラ リヴォルノ
内部面積:約650平米
外部面積:96ヘクタール

建物1:450平米
7寝室
8バスルーム
サロン
ダイニング
2キッチン

建物2:140平米
3寝室
2バスルーム
簡易キッチン付きリビング

建物3:約80平米
二つのアパートメント-リビング、簡易キッチン、バスルーム、寝室
その他、付属スペース

プール
娯楽スペース
ガレージ

トスカーナ-リヴォルノ:リヴォルノ市内79km-カスティリオンチェッロ41km-グロッセート68km-カスティリオーネ デッラ ペスカイア40km-プンタ アラ46km-シエナ89km-ゴルフクラブ ヴァン バラッティ25km-温泉施設12km-ピサ空港72km-高速道路(ロジニャーノ マリッティッマ)29km

Rif番号: 0303
価格帯: 2.5ミリオンユーロまで

ファームハウス フィレンツェ

歴史的住居
城を販売します トスカーナ

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

トスカーナ州-リヴォルノ

サッセッタはトスカーナ州リヴォルノ県の町で、カルヴィ山の北部の、コルニア渓谷とステルツァ渓谷、チェチナ川の支流を隔てる丘の上に位置しています。地形は山地であり、栗の森や自然の牧草地で溢れています。温暖な気候、海に近く、様々な場所に隣接していることから、海と、トスカーナの素晴らしい丘陵の両方のバカンスを同時に楽しむことが出来ます。
このリヴォルノの町の起源は古く、土地について記載された最初の文書は1000年代に遡ります。 
サッセッタはかつてはある種の重要性を持ったトスカーナの城であり、11世紀にはピサの配下で、後にこの地から名を得たオルランディ家に所有されていました。オルランディ ディ サッセッタ家は、フィレンツェ共和国への反逆を宣言し、財産や城を剥奪されてしまう1516年まで、この地を治めました。
メディチ家が権力を増し、彼らの手中にある領土を見直します。幾つかの有力者の手を経た後、この地は最終的にモンタルヴォ ラミレツ家に渡ります。
トスカーナ州の集落の土地と城は、メディチ一家、そして、ロレーヌ家の歴史の軌跡に巻き込まれます。
1836年には、トスカーナ州のサッセッタの町はグロッセート県に統合され、長い時を経た後でピサ県へと戻り、更にはリヴォルノ県に統合されます。
このトスカーナの古い町が使用している紋章は、赤地に二つの胸壁を持つ銀の塔です。
芸術を愛する人にとっては、ロマネスク様式の洗礼盤、オルランディ ディ サッセッタ家の紋章、芸術的に大きな価値を持つことは間違いない15世紀の作者不明の聖母の絵画などが鑑賞できるサンタンドレアアポストロ教会は貴重なものでしょう。