ピエモンテ州の歴史的な最高級住居

1 番号
ノヴィ リグレの丘の深い緑に包まれた、イタリアのピエモンテ州で販売中のこの素晴らしいアンティークなレジデンスは、壮大なパノラマを臨み、4ヘクタールの庭に取り巻かれています。
良好なコンディションで維持された歴史的な貴族の住居は、1,900平米の広さを有し、四方を完全にフェンスで保護された庭に囲まれています。住居は三階建ての最高級ヴィラと別棟で構成されています。
長年の歴史を刻む庭は手入れが行き届いており、豊かな木々や植物で彩られています。幾つもの小道や、階段、彫像、噴水で豊かに飾られた石の通路、井戸や印象的な夜間照明などが備わっています。この庭では、ウサギ、キジ、鹿やリスなどにも出会うことが出来、動物達にとっても自然のパラダイスです。

販売中の物件は、トリノ市内からも遠くない岬の先端に位置し、街からガーヴィの丘に渡るまでの景色を楽しむことが出来ます。
イタリア・ピエモンテ州の美しい風景に、この販売中の物件の壮麗さと館内のエレガントな雰囲気は実に良く馴染んでいます。アンティークな家具や仕上げは過去の時代を思い起こさせてくれます。まさにヴィラの特徴となっているのは、1800年代のカッラーラ大理石の暖炉や、おそらく1500年代後半のものと見られる木製の暖炉、テラコッタの床、サロンのベネチアン モザイクの床、1900年代初頭のものであろう寝室のジェノヴァ モザイクの床などです。

他にも注目に値するのは、レセプションホールにある著名な芸術家・バラビーノの作品を始めとした複数のフレスコ画であり、館内の空間を心地良く寛げる雰囲気にしてくれています。
この歴史的な不動産は、おそらく1600年代に起源を遡り、近年に改修されているレンガ造りのチャペルも有しており、ここは同時代の錬鉄製のシャンデリアで特徴付けられています。
詳細 州:ピエモンテ
県:アレッサンドリア
地域:ノヴィ リグレ

分類:ヴィラ ピエモンテ州-不動産販売 トリノ

内部面積:約1,900 平米
外部面積:4ヘクタール
 

ヴィラ:1,385平米
15寝室
6バスルーム
5サロン
3キッチン
2ダイニング
 
別棟:496平米
8寝室
2バスルーム
2キッチン
 
その他、付属スペース
 
チャペル
庭:4ヘクタール
 
ピエモンテ州-ノヴィ リグレ:アレッサンドリア23km-トリノ117km-ミラノ88km-ジェノヴァ50km-パヴィア71km-ラ スペツィア146km-ピアチェンツァ91km-レッジョ エミリア186km-ゴルフクラブ3km-温泉施設22km-ミラノ空港90km-高速道路(ノヴィ リグレ)6km

Rif番号: 0201
価格帯: 2.5ミリオンから5ミリオンユーロ

ヴィラ トリノ

最高級住宅
一流不動産

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

ピエモンテ州-アレッサンドリア

ノヴィ リグレの歴史は、1447年から1745年と1749年から1797年に共和国の一部をなしていたジェノヴァの街と関連しています。多くのジェノヴァの貴族がこの町を夏の避暑地として選び、現在でも町の中心部を散策すれば、その美しさに見入ってしまう豪華な宮殿が建ち並んでいます。
12世紀には、リグーリアとピエモンテの境界にあった集落は、トルトーナやバルバロッサに征服されるまでは自由都市でした。その後は、前述したようにジェノヴァの配下に置かれ豊かで繁栄した時期を迎えますが、サヴォイア家のカルロ エマヌエレ3世の占領によって中断されます。
只今販売されている素晴らしいヴィラが建つノヴィ リグレは、また、パオロ ダ ノヴィの生地としても知られています。裕福な絹の染色人であった彼は、市民の立場に立った理想に満ち、ジェノヴァの上流階級に反発する市民の見方として暴動に参加し、結果的にフランスの主であったルイ12世からの追放に合い、そして、現在のマッテオッティ広場で斬首されます。ジェノヴァには、彼を追悼する広場があります。
このピエモンテの集落の歴史は、ソヴォーロフ率いるオーストリアとロシアの味方に立ち、ジュベール率いるフランス軍と対立したノヴィ リグレの戦いにも刻まれています。戦いはオーストリア•ロシア軍の勝利で1799年8月15日に終了しますが、ナポレオン時代の最も血生ぐさい戦いの一つとして記憶されています。