ローマで販売中の一流住宅

26 番号
ローマ郊外の素晴らしい景色に包まれた特別な宿泊施設は、ローマの街と海の間という優れた立地にあります。
オリーブ畑やブドウ畑、果樹園に囲まれた農場の中心に位置する広々とした高級住宅は、その典型的なネオクラシックスタイルに全てのエレガントさが凝縮されており、近年には、新たな用途に適応すべく注意深い改装が行われています。

かつては名門ファームハウスであった一流住宅は三階建てで、エレガントな家具で飾られた九つの広い寝室を備えています。
寝室だけでなく館内は全てが、イタリア、英国、フランス調のアンティーク家具や調度品、オリエンタルの絨毯で優雅に装飾されています。手描きのヴィエトリのマヨルカ焼きタイルの床、マホガニーやクルミで造られた手作りのドアなどが、このレジデンスを特別で独自のものとしている特徴の一部です。
専用バスルーム付きの各客室からは、庭や周辺の田園地帯の素晴らしい景色を堪能することが出来ます。特に注目すべきはジャグジーが備わった専用バスルーム付きのスイートです。
半地下階には、プロ仕様の器機とバスルーム付きのウェルネスセンターが併設されています。

最高級ヴィラの一階にはレセプションとオフィス、キッチン、塔の内部に造られた読書室、 三つの部屋と三つの広々としたサロンがあり、サロンの一つはエレガントな暖炉付き、一つはクルミの木材で内装され、もう一つはアンティークな花崗岩の暖炉が備わっています。上階は五つの部屋とスイートルームで占められています。

イタリア・ローマのヴィラは、様々な品種の植物で彩られた手入れの行き届いた庭園に囲まれ、古いオリーブ畑と自然の芝に包まれた美しいプールが備わっています。
物件には、併設された農場の一部であるこれらの20ヘクタールの土地が含まれています。
ヴィラの眼下に位置する凝灰岩から造り出された“洞窟の農家”と呼ばれる建物も含まれ、ここには業務用ワインセラーと農場のゲストを迎えるための三つの部屋が出来る予定です。
農場の他の二つの付属建築物は、一つは一階の倉庫と二つの部屋、二階のバスルームとキッチンで構成され、二つ目は二階建てで、五つの部屋と二つのバスルームとなっています。
詳細 州:ラツィオ
県:ローマ
地域:ローマ

分類:ファームハウス販売-ヴィラ ローマ

内部面積:1,400平米
外部面積:20ヘクタール

ヴィラ:977平米
9室 バスルーム付き
3寝室
3サロン
3バスルーム
レセプション
オフィス
キッチン
書庫
ウェルネスセンター

ファームハウスA
2寝室
バスルーム
キッチン
倉庫

ファームハウスB
5寝室
2バスルーム
キッチン

その他、付属スペース

駐車場
子供用遊戯公園
プール
乗馬スペース
庭:13、000平米
葡萄畑:14ヘクタール
オリーブ畑:3ヘクタール
柑橘園:5,000平米
菜園

ラツィオ州-ローマ:ローマ市内22km-チルチェオ自然公園75km-温泉施設1km-ゴルフ場3km-ローマ空港32km-高速道路(アッピア-アルバーノ)21km

Rif番号: 0372
価格帯: 5ミリオンから10ミリオンユーロ

ファームハウス ラツィオ

カントリーハウス
名門不動産

お問い合わせ

皆様のご要望により正確にお応えするために、下記のフォームへのご記入を、ご希望の返信言語をご指定の上、お願いいたします。 Lionardo ( ライオナルド) は出来る限り早急に皆様にご返信させて頂きます

名前 *
苗字 *
Eメール*
電話番号*
会社案内
言語*
お住まいの国 *
Message *
Privacy *
イタリア国内条例art. 13 del D.Lgs. 196/2003に同意します

電話番号: +39 055 0548100
Eメール: info@lionard.com

ラツィオ州-ローマ

アリッチャは、元々は“リッカ”または“ラ リッチャ”と呼ばれ、非常に古い起源を持っています。
全てのラテンの都市と同様に、これらの地の最初の住民は自らの独立を維持するために懸命に戦って来ました。有名なのはアリチアの戦い(紀元前6世紀終盤)で、アリチアが首都であったラテン同盟が、エトルリア人のラツィオ南部の制覇の野望を砕きます。アリッチャの民は紀元前4世紀に支配される前にローマとも戦っています。
アリチアは、最も重要なローマの都市の一つとなり、二つの火山湖、アルバーノ湖とネミ湖の間というその特別な地理的位置で人気の避暑地となっていました。
中世期には、ローマから20kmのこのラツィオ州の町は、攻撃や略奪を受け徐々に衰退し、ようやく1473年にサヴェッリ家の統治の元で再建が始まります。
17世紀にはキージ家の手に渡ります。封建領土は建築の天才・ジャン ロレンツォ ベルニーニにより、カルロ フォンターナを筆頭に最高の協力者たちの手を借りて、完全に最構築されます。
ローマ近郊の町には、1700年代から、時代の重要な芸術家や作家たちが集まります。 全盛期は18世紀後半から次世紀初頭にかけてで、時代を飾る多くの装飾家、芸術家、作家たちがここで活躍していました。
19世紀には教皇ピオ9世によって、アルバーノからアリチャ渓谷の低地へと下るアッピア街道が整えられたことでアリッチャの都市環境は大きく変わります。教皇は、1854年に三つのアーチを持つ水道橋を構築し、ガッローロの丘陵への道が続いていた非常に密生した森林を克服しています。
今日のアリッチャは、その美しさと、キージ宮、ベルニーニの建築、ローマ バロック美術館、聖母被昇天教会、そして、高名な水道橋といった歴史的な遺跡やモニュメントで、カステッリ ロマーニの中でも最も名を知られた人気の場所の一つとなっています。